酸素カプセルのリースの特徴

酸素カプセルには購入以外にもリースやレンタルがあり、新しく会社を立ち上げたばかりで購入する資金の用意が難しい時でも借りるなら設備器械へかける購入費などを、業者が肩代わりしてくれるため借入れなども不要のまま使うことが出来ます。酸素カプセルには資金調達の機能の機能だけでなく、毎月の料金を全て経費処理することが認められてます。購入での所有資産だと必要な減価償却の手続きや固定資産税の納付が必要ですが、これも無いので事務手続きや保険事務負担が軽くなります。法定耐用年数を下回る期間設定で合理的な節税も期待出来ます。

契約中の中途解約は出来ませんが酸素カプセルのリース期間を短くすることで技術革新などに基づいた、物件の陳腐化なども防げます。借入をしてから購入をすると借入金の利率の影響もありますが、借りるだけなら固定されているので金利水準の変動リスクの負担がかかりません。銀行の借入と異なり、酸素カプセルのリースは審査の手続きも簡略化されていて借りる時も比較的たやすくなっています。デメリットといえばやはり中途解約が出来ないことで、契約者に何か変化があって不用になった時でも期限前には解約が出来ません。

もし解約をすると月額に残りの契約期間月数を乗算した金額を支払うことになります。また、物件購入代金以外にも付随費用や利益なども含むので、長期間利用した時の総額だと一括購入した時よりも割高になり、カプセル自体の所有権は貸しだす会社へあるので、所有権などは取得出来ません。税額控除の有利税制の適用がありますが購入した時の特別償却と比べる不利なことも多いです。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です