コピー機のレンタルのメリットやデメリットとは

オフィスで必要となるコピー機ですが、大きく分けるとリース契約とレンタル契約の2つに分ける事ができます。それぞれのメリットやデメリットを比較しながら、特徴などをチェックして役立てましょう。おおまかに表現しますとコピー機のリース契約の場合や契約者が法人のみの契約となり、リースに関しての審査も必要になります。一方のレンタル契約のケースでは法人でも個人でも契約が可能で、特別な審査などは必要ありません。

そしてリースの場合は一般的に5年以上の長期契約となりますので、中途解約は基本的にできません。しかし初期費用がほとんどかからないというコスト面でのメリットの他にも、最新機種を選択できるというメリットも存在します。またレンタル契約の場合ですが、通常は数ヶ月から2年程度の貸し出しですので、途中解約がしやすい点がメリットです。必要な期間だけ借りてすぐに返却するといった活用方法もあるでしょう。

一方で初期費用はある程度発生しますし、最初に選択できる機種も比較的少なく、中古品などから選ぶ事も多くなっています。こうして見ているようにコピー機のリース契約とレンタル契約にはそれぞれのメリットやデメリットが存在しています。しかしベンチャー企業のようなフットワークの軽い業態や、副業などで活用しようと考えている方にとってはレンタルの方が気軽で便利だと言えそうです。またリース契約のような審査が無い点も気軽に借りられるメリットですので、業態に応じて選択するのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です