ケイビングで鍾乳洞の地質を鑑賞

subpage01

ケイビングの楽しみは、基本的には地形のフィールド探索と共通するものです。地質に興味がある人であれば、少しでも探索すれば好奇心を刺激されて、何度でも訪れたなるはずです。


洞窟には様々な種類があり、人工の隧道から天然の洞穴に至るまで、地質が好きな人を大いに魅了するだけの要素を持っています。

エキサイトニュースに関しての情報が閲覧できます。

数ある種類では鍾乳洞も人気が高いですから、ケイビングで探索してみてはいかがでしょうか。

太古の昔には海だった場所では、海底には様々な生物の亡骸が堆積し、やはては石灰岩として残ります。


石灰岩の地層の中では、二酸化炭素を含む地下水や雨水が浸透して、岩石の割れ目に入って侵食していきます。



この段階では石灰岩を構成する成分が溶け出すことで、石灰洞ができることになります。
さらには、地下水が下へと落ちる段階では、石灰分が天井部分に付着して、結果的には鍾乳洞になるわけです。

ケイビングでは実際に鍾乳洞に入り込んで、最初には気温の変化を確かめます。
外気よりは気温が明らかに下がるため、夏場には涼しさも感じることができます。

さらには、鍾乳石の大きさを確かめたり、色艶を鑑賞するのも楽しみの一つです。
内部は大変に狭いことが多いですから、極端に重たい荷物を持っている動きが鈍くなってしまいます。

鍾乳洞からは化石が発見されることもありますから、過去に生息していた生き物を想像することもできます。ケイビングでなければ楽しめないことが多いですから、地学の基礎を身につけるためにも有意義な趣味です。

バスツアー情報の理解したいならこちらのサイトです。