複合コピー機をリースで借りるコツ

複合コピー機は非常に高額であり、購入するとなるとまとまったお金が必要です。それでも大勢の社員で共有して長く使えれば良いのですが、少人数で使用する期間も未定であれば購入は良い選択とは言えません。そんな時に便利なのがリースであり、契約期間は3年から6年程度が一般的です。一度契約を結ぶと複数年にわたってリース会社と付き合うことになり、その間は様々なやり取りが発生する可能性があります。

問題なく使用し続けるためには信頼できる業者を選ぶことが重要であり、価格だけでは選べません。いくつかの会社を比較する場合には、保守契約を見るのがお勧めです。導入する複合コピー機の本体価格が少しでも安ければ月々のリース契約も安くなりますが、かかるのはそれだけではなく保守にもお金がかかります。保守の部分で高額になると、結局はトータル費用が高くなることもあるため、全てを含めた月額料金を予測して比較する必要があります。

比較する時に忘れてはいけないことは、条件を同じに設定することです。全く同じ条件下でお得に利用できるコピー機を選びましょう。見積りを出してもらった時に保守費用が含まれていない場合には注意が必要です。本体の料金を安くしていても、保守費用を高額にしているケースがあるからです。

保守費用を高くすることで本体を安くした分をカバーしているのですが、その場合には見積もりの額自体が信用できません。アフターサービスの有無や内容についても、きちんとチェックしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です