リースしたコピー機を置けるか広さも事前に要確認を

オフィスにコピー機を導入する際にも自分たちで運んだり設置する必要もなく、全てリース会社に任せてしまえるのは楽です。欲しい機種の選定をして契約を済ませれば、その後は何の問題もなくスムーズに運ぶと考えますが、まずは搬入のことを考えておく必要があります。自分たちで確認をしておくべきことは、具体的にオフィス内のどこに置くかということ、また機器が収まる十分なスペースの確保も必要です。基本的にコピー機のリースは数日や数ヵ月ではなく数年単位の契約なので、事前に置く場所を決めておかないと、導入後に狭くて置けないからやめたいと言っても簡単にはできません。

希望をする機能を十分に搭載していたり、最新機種を選ぶなどは自由です。プラスして本体のサイズと設置したい場所のスペースがマッチしているかをチェックしておくこと、運び込めるだけの通路の幅があるかも確認です。うっかりしがちなのは扉であり、広さ的には機器が通れてもあまり開かないようなタイプだと、狭くて通れなくなるかもしれません。運び込む際にもスムーズな作業となるためにも、扉のサイズと運ぶ際の経路を確認しておきます。

幅600mmで奥行は620mmほど、高さは1200mmくらいが業務用の目安、大きさも機種も選択自由ですから、一応の目安として知っておいて損はありません。サイズ感を把握したら機器のスペースをきちんと確保しておくこと、リースしたコピー機を置く場所には少し余裕がある方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です