コピー機のリースはメリットがたくさんある

コピー機を導入したいという場合に、多く会社ではコピー機を購入するのか、専門の会社からリースもしくはレンタルを行うかで迷うことが多いといわれています。特に初めて導入するという場合は、それぞれの方法によってかかる料金や受けられるサービス内容なども異なってくるので、特徴を正しく理解して契約を行うようにしましょう。一般的に多くの企業で導入されているのがコピー機のリース契約です。リース契約はレンタル契約と比較して長期的な利用を目的とした人が利用する方法であり、契約期間としては5~6年間が基本といわれています。

長期利用を行うことにより月額利用料金が安く設定されている特徴を持ちます。そして契約満了となり新しいコピー機に交換をせずに、そのまま継続して借りる場合にはさらに月額料金が安くなるなど、安く利用できるといったメリットが得られます。そして初期費用が発生しないことや、コピー機を使用する上で欠かせないカウンター保守料金も安く設定されていることも大きな特徴です。そして機器の機能性を選びたいと考えているなら、新機種や新品を選択することが出来るので希望の機種をオフィスで導入することができます。

ただしリース契約は長期間高額な機器の貸し出しを行うことになるため、貸し出しを行う側の会社で審査を行い、審査に合格をする必要があります。この審査では指定された書類を事前に用意しておく必要があるので、どんな審査書類が必要なのか確認しておくようにしましょう。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です