コピー機を長期でリースする

コピー機は現代の職場にとって不可欠なアイテムとなっており、領収証や請求書、稟議書や仕様書などのさまざまな文書を瞬時に必要な部数だけ作成するにはこれほど価値のあるものはありません。しかも最近ではファクシミリやプリンターなどの機能を兼ね備えているいわゆる複合機となっているものも多く、業務の効率化を考えれば職場に導入しない手はないといえます。ここで気になってくるのはコピー機の価格ですが、メーカーの希望価格で買い取ることはしないとしても、値引き後の価格であってもかなりの金額となってしまうのもまた事実です。とりわけ最新機種の複合機はかつての時代のものと比較すればより高度で洗練されているため、その差は価格を見ても歴然としています。

このようなコピー機を初期費用をなるべくかけずに導入したいのであれば、リース制度を利用するのが最適な戦略です。この方法は顧客にかわってリース会社が条件に見合った機種を新規に購入し、それを顧客が毎月の料金を支払う約束で利用できるという内容になっています。リースであれば初期費用として多くの金額を請求されるのではなく、毎月の小規模な支出を積み重ねることになりますので、負担は大幅に軽減されます。リースの契約期間についてはさまざまですが、コピー機の耐用年数を踏まえて5年をめどにしている企業が多くなっています。

もちろん3年程度の短いスパンで系やする場合もありますが、長期間にわたって契約するほど価格的には安くなる傾向にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です