コピー機のリースの仕組みを理解してお得に利用

オフィスに欠かせないコピー機は、新品で購入する場合にはとても高額なので、月々に一定の料金を支払うリース契約での導入が多くなっています。この方法では初期費用を抑えることができますし、賃貸という形なので所有権は利用者に無く固定資産税や減価償却などの面倒な手続きが不要で、万が一の時の保険もあるなどメリットが多くあります。ただ、デメリットも存在しますし、仕組みを理解していないとメリットを活かせないこともあるので、注意が必要です。コピー機をリース契約で導入する場合の注意点には、所有権がリース会社にあるため利用者の資産にならないことや、支払総額が購入した場合よりも高額になることなどがあります。

長期契約で中途解約ができないため、不要になっても支払い義務が残るのもデメリットです。また、リース契約には審査があるため、経営状態や滞納暦などによって審査に通らないと利用できないという前提があります。以上を踏まえてリース契約を選択する場合、契約期間は5年程度が一般的で、料金はコピー機の機能が高いほど高額になります。さらにランニングコストとして印刷した枚数分支払うカウンター料金も存在します。

そのため、コピー機をお得に利用するにはカウンター料金も含めたトータルでいくらになるのかを把握することが重要です。安いとサービス内容が悪いこともありますが、安くても内容が充実している会社もあるため、しっかり比較して検討することが大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です