個人事業主にもチャンスありなのがコピー機のリース

事業用に活用することを想定してのサービス提供をしているのはコピー機のリース契約、法人であればもちろんこのカテゴリーに当てはまりますが、大きな企業とは異なる個人事業主であった場合、利用ができるかは疑問に感じる部分です。本体を購入するにはハードルが高いものの、サービスを受けられる対象となるのかどうか判断には困ることもあります。結論から言えば個人事業主であろうとも、コピー機のリース契約を選択することは可能です。なぜ個人事業主でも対象となりうるかですが、きちんと事業を行い経営が行われている実態があればよいということ、反対に事業を行っていなければ対象にはなりません。

国内の大変多くの企業で採用をされる契約形態ですが、事業を営むほど印刷物の機会は多くなるもの、頻度の高いペースで使ってこそお得になるのもコピー機のリース契約です。そのため本当に個人がこうした契約をする事は、お得感が無いうえに現実的とは言えず、個人であれば家庭用のOA機器で十分に事足ります。また家庭用の機器であれば、業務用のサイズも大きくて多機能なものより、シンプルで価格もリーズナブルな機器が選べるのも良いところです。しかし個人事業主となると一個人ではなく、事業を営む立場となるため印刷物の機会は個人よりは多くなります。

使用頻度も法人並みであるならば、申し込みをして審査を受けるのは良い考えです。仕様にあたり一定条件をクリアしていること、あとは審査に通過すれば個人事業主であっても使うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です