コピー機をリースするメリット

コピー機はレンタルとリースがあり、サービス内容が違ってきます。リースの場合の最大のメリットは、最新機種のコピー機を導入することができます。自由にコピー機のメーカーや機種を選ぶことができるので、最新の機械を導入することが可能です。最新モデルのものは、機能性に優れていて、中古のものより印刷の速度が速くなるので、業務の効率を上げることができます。

頻繁にコピー機を使用する企業などは、リースの方を選んだ方が良いです。中古のコピー機が多いレンタルとは違って全て新品になります。逆に費用を抑えたいからと言って中古のものを導入することができないので注意する必要があります。カウンター保守サービスがあり、毎月保守金額を支払うことによって、定期点検をおこなってくれるサービスです。

毎月のプリント数に応じた保守料金を支払うことによって、修理や調整・トナー代など無料で提供してくれる安心して使用することができるサービスになります。リースで導入する際の契約期間は、短期間対応することができるレンタルとは違って、機種代が高額になるので、5年ほどの長期間の契約になります。審査がありますが、導入する際に初期費用がかからないといった利点があります。自然災害や盗難被害にあった場合には補償されます。

減価償却の手続きなど難しい事務作業がいらないので、手軽に導入することができます。リースにするかレンタルにするかは、使用期間によって決めると良いです。コピー機のリースのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です