レンタルコピー機は短期間の利用も可能

オフィスなどに導入するコピー機や複合機などの事務機器は、導入する方法として機器を購入する方法とレンタル契約もしくはリース契約をする3つの方法があります。その中でもコピー機をレンタル契約する際に適している場合は、数日から数ヶ月など比較的短期間のみ使用したいという場合に向いています。反対にリース契約は数年間など長期的に導入したいという場合に利用することが適しています。コピー機のレンタル契約をするメリットは複数あり、例えば希望する期間のみ借りることができることがあります。

リース期間は契約期間が厳密に決められているのに対して、レンタルは契約期間を気にする必要がありません。リースならば約3~6年間が通例となるので、長期間使用する必要がなく自分の好きなタイミングで契約をやめたい人にはレンタルが適しています。そして契約内容によっては初期費用が発生しない場合も増えてきているので、最初にまとまった金額を用意しておく必要がありません。これも気軽に事務機器をオフィスや事務所に導入することができるメリットの一つです。

そして借りる際に発生した費用は経費として計上することが可能であり、税金申告や納付の負担などを行う必要がなく手間がかかりません。そして維持管理が管理であることもメリットといわれます。これは仮事務所で数ヶ月使用したい時であったり、1日単位でイベント時に使用したい時など幅広い用途で活用することが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です