クリニックでのたるみ治療

顔のたるみなどは女性にとって重要な問題となっていて、最近では化粧品などでもセルフケアができるような商品が増えてきています。たるみは紫外線などの外部の刺激や加齢によるものなど、要因は様々ですが誰もが美しい肌を維持していきたいものです。そのため、セルフケアの化粧品ひとつにしても敏感になっている人が少なくありませんが、自分で出来る範囲というものには限界があります。どうしてもたるみが改善できない場合は、美容外科のクリニックに通って治療を受けることも必要となります。

クリニックで行うたるみ治療は様々で希望やたるみの状態によって選択肢が決まりますが、主に利用されているものは高周波やレーザーによる治療、糸によるリフトアップ、脂肪吸引やたるんだ皮膚を持ち上げるための手術、肌のハリを与える多様な成分を配合した注射があります。最も安価なたるみ治療としては、ヒアルロン酸やボトックスなどを使用した注射で、潤いを与える成分を注入することで弾力を取り戻します。効果は半年から1年程度と短いですが、短期的には効果が十分に発揮できるので便利です。安全性においては高周波やレーザーによる治療が最も適していて、即効性はありませんが、定期的に治療を受けることでコラーゲンを生成させたり同時にシミを消していくことができるため、美肌を求めている人にはおすすめとなっています。

たるみ治療で最も効果が高いのはやはり皮膚を切開する手術で、費用がかかり傷跡が残るかもしれないというリスクもありますが、実感出来る効果や確実性においてはかなり高いものとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です