レーザーによるたるみ治療

たるみ治療には、ヒアルロン酸やボトックスを注入する方法とフェイスリフトによる方法があります。しかし、レーザーを使用した治療も切らないたるみ治療として人気を呼んでいます。レーザーといえば、脱毛というイメージが強い傾向にありますが、たるみ治療に用いるレーザーには様々な種類のものがあります。フォトフェイシャルは、顔全体に医療用の特殊な光を当てるため、肌にハリやツヤを取り戻すことがかのうなため、たるみにも効果があります。

タイタンは、シワやたるみの原因となるコラーゲンを収縮させて促進させる働きがあります。サーマクールは、コラーゲンを生成させて肌の奥深くにまで働きかけます。また、ポラリスやテノールなどもコラーゲンの生成を促進させる働きがあります。レーザーは、痛みが少なく安心して治療をすることができます。

近年はレーザーにも、即効性が求められています。即効性を実現させるため、超音波の出力段階を調節して、狙った部分に光を当てるレーザーが出現しました。これにより、1回の照射時間も短くなり、治療時間も短時間であることから、今後のレーザー治療に対する需要は高まる傾向にあります。レーザー治療のメリットは、フェイスリフトやヒアルロン酸やボトックスなどの注入に比べ、日常生活における制限が少ないのが特徴です。

患部を冷やしながら治療をするので、治療後には、すぐに化粧をして帰宅することができます。手軽に治療することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です