肌以外の原因にも注目したたるみ治療

日常生活においても「たるみ」というのはだらしないという印象で使われます。行動を表現される分には自らの身を律することで簡単に改善が可能ですが、外見的な「たるみ」によって、思わぬ負の印象を持たれるのは人生を損しているようで、なるべく避けたいものです。たるみ改善を行う多くの人が、化粧品やサプリメントを使い、栄養バランスや紫外線などのダメージを防ぐことで肌の張りを保とうとしています。それらの努力は決して無駄ではありませんが、自分のたるみの種類をしっかり把握したうえでのたるみ治療を行わなければ、その効果は激減してしまい、その場しのぎになってしまう可能性も否めません。

顔のたるみについて説明するならば、原因としてあげられる代表例のひとつとして脂肪繊維の衰えというのがあります。多くの人が肌のたるみと脂肪を分けて考えがちですが、肌のたるみははだそのものではなくそれを支える皮下にある脂肪の役割が大変重要なのです。皮膚と骨の間には脂肪層という繊維が存在し、この無数の繊維が重力で表皮が下に垂れてしまうのを引っ張りあげて防いでいます。しかしこの繊維が脂肪の重みそのものに耐え切れなくなったとき、肌自体がどれほど元気でも下層からだんだん垂れてきて、顔全体がたるんだような状態になってしまいます。

この症状が引き起こす例として、ほうれい線や目元のクマなどが上げられます。この症状を改善するためのたるみ治療のひとつがリードを使用した方法です。筋膜を刺激し、筋肉を緊張させることで脂肪層繊維を丈夫にし、たるみをリフトアップさせる画期的なたるみ治療となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です