コラーゲンを増生するたるみ治療

「たるむ」という言葉には抽象的な意味合いにおいて「情けない」や「だらしがない」と言ったふうに使われることが有ります。このように肉体における物理的なたるみは、その人のイメージをダウンさせてしまいます。艶のある肌をめざして、見た目のスキンケアを行う人も少なくありませんが、実は皮膚そのものがたるんでしまっていてはいくら高価な化粧品を使用しても、その効果は半減してしまいます。まずは肌の手入れの前にたるみ治療を行って、肌そのものの張りを取り戻すことから意識するといいでしょう。

顔で説明しますと、たるみにはいくつかの種類があります。そのひとつとして代表的なものが肌そのもののたるみです。肌の張りは皮膚内で日々生成されているコラーゲンやエラスチンによる働きによって保たれており、これらの成分は年齢とともに徐々にその機能が衰えていきます。そのため、皮膚下の層が丈夫であっても表皮の状態を保てなくなり、重力の赴くままに垂れてしまうという現象を引き起こします。

この症状は主に目元のしわや口元のしわ、首のしわなどを作ってしまい、全体的に老けた印象を醸しだしてしまいます。この症状には画期的なたるみ治療の方法があり、赤外線と高周波エネルギーを融合させた最新機器を使用すれば、コラーゲンの生成を増加させることができます。従来のレーザーでは届かなかった真皮層に刺激を与え、コラーゲンの生成だけでなく再構築までも行える、最先端のたるみ治療法となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です