顔のたるみ治療にはどんな方法があるか

年齢とともに顔のたるみも目立つようになるものです。こうしたたるみを解消するための治療法は、美容皮膚科や外科において提供されています。例えば、多くの美容皮膚科で行なわれているたるみ治療の方法には、メスを一切使用しないものがあります。その一つはレーザー治療と呼ばれるものです。

メリットはメスを使わないため、傷が残る心配がないという点です。レーザーを当てることによって、皮膚の細胞をより一層活性化し、たるみを改善しようというものです。また、美容皮膚科で行なわれている別のたるみ治療としては、注入治療と呼ばれるものがあります。これはボトックスやヒアルロン酸などを注入するというものです。

例えば、ボトックスをシワやたるみの部分に注入した場合、表情筋の動きが抑えられるため、たるみができにくくなると言われています。またヒアルロン酸については、くぼんでいる部分に注入することによってくぼみを膨らませることができ、顔のたるみを目立たなくさせることができます。さらに、外科で行なわれているたるみ治療は、基本的に手術という形で行なわれます。例えば、目の下の余分のたるみをメスを使って取り除くことができます。

外科において行なわれているたるみ治療には、フェイスリストと呼ばれるものがあります。これはたるんでくる皮膚を持ち上げようというものです。これは美容整形の一種ですから、リスクは全くないと言い切ることはできません。それぞれのメリットやデメリットを十分比較した上で選ぶことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です