顔のたるみ治療の種類について

美容外科での顔のたるみ治療の種類には様々なものがあります。主流となっている治療が高周波やレーザーによるものです。顔のたるみ治療の中では一番効果の実感が早く効果も長いです。高周波やレーザーの熱エネルギーを照射して肌表面に負担をかけることなく、深部の部分にアプローチしてたるみとなる原因を改善します高周波やレーザーによるたるみ治療にもいくつかの種類があります。

近年注目されているのがサーマクールで、ラジオ波の熱エネルギーによって深部へ働きかけてコラーゲンの生成を促します。タイタンは赤外線で真皮に働きかけてコラーゲンの生成を促す機器で、ポラリスは高周波とダイオードレーザーの組み合わせでたるみを改善します。他にも超音波で筋肉のたるみに働きかけるウルセラや、皮膚に高周波エネルギーを浸透させて肌トラブルの改善をするフォトRFなどがあります。高周波やレーザーの治療は、まだ年月が経過していないので施術実績が豊富なクリニック選びが欠かせません。

カウンセリングで個人にあわせた治療を提案してくれるクリニックを選びましょう。たるみ治療には糸を使った方法もあります。糸を皮膚の下に挿入して垂れ下がった脂肪層を引き上げます。糸の場合、メスを使わないので手軽で受けた当日に効果を実感出来ますし、頬や顔全体のたるみ改善に向いています。

溶けない糸や溶ける糸などがあり、金の糸だと一旦埋入したのを抜き出すのは出来ません。手術はメスで切る方法で、半永久的にたるみを改善します。主に目の下やまぶたのたるみ改善で利用され、目の下のたるみはほぼ過剰脂肪が原因なので、それを切除して根本的にたるみをなくします。効果は高いですがメスで切るので、顔面の神経麻痺や皮下出血、顔面内出血などのリスクがあります。

池袋でHIFUのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です