生まれもった骨格もほうれい線の原因になる

若い頃にはつやがあってぴんとしてハリのあった肌も、年齢を重ねていくと少しずつたるみが現れてくるのはある程度は仕方のないことです。そしてそんな年齢を重ねた顔の状態がもっとも顕著に現れるシワがほうれい線です。このシワがあることで、人に与える顔の印象がぐんとふけて疲れたものになってしまうというのは残念ながら事実です。その最大の原因は顔の筋肉の衰えによって起こる頬の肉のたるみです。

ほうれい線の部分にそのたるんだ肉が覆いかぶさるような感じになってシワが現れてしまうというものです。この状態を避けるためには、ほほの筋肉を鍛える顔のエクササイズを行うことを心がけることが大切です。シワが出来てしまうと、その部分のケアにばかり気持ちが行ってしまいがちですが、きちんと原因を把握して対策をとらなければ、どんなに高級な化粧品を使っても効果は期待できません。そして実はその人が生まれ持った骨格もほうれい線に関係しているといわれています。

この場合年齢に関係なく割合若い年齢の頃からこのしわが目立ってくる可能性があります。骨格は親から受け継いだものなので、残念ながらそう簡単に変える事は出来ません。けれども骨格とほうれい線が密接に関係していることを理解できれば、予防の方法も見えてきます。整形手術によって骨格を変えるとまで行かなくても、骨格矯正や整体などによってある程度効果が期待できるケースもあります。

いずれにしても、自分のほうれい線の原因を知ることで、その対策や自分がふだんから気をつけるべきことなどがわかってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です