ほうれい線が目立ってきたら

ほうれい線が目立ってくる原因は色々ありますが、加齢によって現れてくるのには筋肉の衰えが挙げられます。口周りの筋肉というのは普段の生活の中で、あまり使わない箇所であり、鍛えるシーンが少ないために劣化してきてしまうのです。普段からよく笑う人や表情が豊かな人の場合は、ある程度筋肉が鍛えられていることで、その部分にはハリがありシワができにくいため、同年代の人よりは若く見えるものです。それ以外の人、いわゆる表情が乏しい人はシワができるのが早いですし、1度できてしまうと、どんどん深く刻まれていくことになります。

これは年齢が関係してくることですから、同じような生活を続けながら年齢を重ねていけば、自然に改善することはないと言えるのです。そんなほうれい線は、その深さによっては実年齢よりも老けて見られることが多くなる可能性も否定はできません。それゆえに少しでも若々しさを保ちたいならば、普段からその部分を意識的に動かすようにして筋肉を鍛えることが求められます。口周りの筋肉を動かすだけですから一切難しいことはないですし、ちょっとした空き時間を見つけて、口輪筋を動かせばいいのですから誰でも気軽に実践できるでしょう。

ちなみにほうれい線は、頬がたるんで下がってくると、シワの上に頬がのる形になってさらに目立ってしまうことがあります。そのため、口輪筋はもちろんですが、頬の筋肉も一緒に動かすようにすると同時に鍛えられて効果が高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です