顔の印象がふけて見えるほうれい線に効果的な方法

鼻の脇から口の脇にかけて斜めに延びる線、これがほうれい線と呼ばれるものです。ほうれい線があると顔の印象が一気にふけて見えてしまうという、とてもこわくていやなものです。小さな子供が家族の顔を描いた絵に鼻のワキから口の脇にかけて斜めの線を2本書き加えることで、おじいさんおばあさんの絵になることでも、その存在が顔の印象に与える影響の大きさがよくわかります。このしわが出来てしまう原因はいくつかありますが、中でも最大の原因は顔の筋肉の衰えによって頬の脂肪などを支えることが出来なくなることだといわれています。

子供の頃にはパンと張った印象だった頬の肉が、だんだんと年齢を重ねて行くことでたるみがちになってきて、たるんだ頬の肉が鼻から口の脇にかけてのラインに垂れ下がった形で現れるのがほうれい線の正体です。そのため、いくら出来ているしわの部分だけにいろいろなものを塗ったりしてもほうれい線そのものを消す効果はあまり期待できません。頬の肉がたるまないように、顔の筋肉を鍛えて引き締めてやることこそほうれい線を目立たないようにするためにはとても重要です。普段空いた時間に気軽にできる顔の筋肉の引き締めに効果的なエクササイズとして舌を使ったものがあります。

口を閉じて舌を上唇の裏側から斜め下を通って下唇の裏側、そして斜め上に向かって強く押し当てながらぐるぐると回す方法です。この方法は多くの人が提唱しているよく知られたエクササイズですが、本当に効果があって簡単でおすすめの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です