ほうれい線の原因と対策

ほうれい線は年齢を重ねることによって皮膚にたるみがおきて、しわとなることが主な原因です。しかし加齢だけでなく、睡眠不足、食生活の乱れ、精神的なストレスや過度の食事制限ダイエットにより急激にやせてしまうこと、紫外線の浴びすぎ、喫煙による肌の劣化など生活習慣などによっても引き起こされてしまいます。ほうれい線ができやすい条件としては肌が乾燥した状態だったり、紫外線により肌が弱っている状態だったり、表情筋とよばれる顔の筋肉や首の筋肉が衰えていること、また代謝が悪くなって、顔の血行が悪いことなどがあげられるます。また顔のむくみが原因でほうれい線が目立ってしまうことがあります。

肩がこっていたり頚がこっていたりすると血液とリンパ液の流れが悪くなり水分が多くなって顔がむくみます。顔がむくむとほうれい線が目立ってしまうのです。対策としては生活習慣の場合は睡眠不足の解消、きちんとした栄養摂取、適度なカロリー摂取、禁煙など生活習慣を改善すること、特にストレスなどの場合にはよく笑うように心がけ表情筋を鍛えることが大切です。顔のむくみの対策としてはまず入浴です。

入浴はリラックス効果も高まるのでストレスにも効果的です。入浴剤やエッセンシャルオイルなどをプラスして香を楽しんだりするのもよいでしょう。顔のむくみにも効果的です。ぬるめのお湯で半身浴、水中での軽い運動も効果的。

コリというのは筋肉の疲労によって血液の循環が悪くなって疲労物質がたまっているために起こる症状です。それを解消するには温度はぬるめの38度から40度くらい、みぞおちくらいのお湯につかることで血流が改善され肩のこりが改善され顔のむくみがとれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です