紫外線とほうれい線の関係性

顔にできる深いシワ「ほうれい線」は、加齢によって起こる年齢肌と思われがちです。確かに歳を取る事で肌にハリと弾力をもたらす、コラーゲンやエラスチンの生成量が減少し、顔に深いシワが刻まれるケースもあります。ですが、ほうれい線ができる原因は、加齢だけではありません。紫外線のケアを行ってしまう事でも、深いシワができてしまうのです。

紫外線といえばシミというイメージがありますが、シワにも大きく関わっています。肌の奥深くには「真皮層」と言う部分があり、この真皮層部分にコラーゲンやエラスチンといった、成分が網目状に張り巡らされています。コラーゲンとエラスチンが支えている事で、皮膚にハリと暖色が生まれているのです。紫外線には2種類あり、そのうちUV-Aという紫外線は真皮層にまでダメージが到達します。

UV-Aが真皮層にあるコラーゲンやエラスチンにダメージを与える事で、網目状の支えが壊れてしまい、結果肌にたるみが生じます。頬がたるむと皮膚がぐっと下がってしまう為、ほうれい線が濃く現れるのです。紫外線対策を行わずにいると、どんどんシワは深くなってしまいます。ですので、毎日日焼け止めを塗るなどして、紫外線から肌を守りましょう。

紫外線は室内にいれば届かないと思っている方も多いようですが、シワの原因となるUV-Aは窓などを通って室内にも降り注ぎます。室内にいる時も常に紫外線を浴び続けてしまう事になるので、外出しない日も日焼け止めでケアしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です