ほうれい線ができる原因とは

ほうれい線ができてしまう原因の主なものは、「頬のたるみ」です。そのため、加齢が大きく関わってきますが、近頃では比較的若い人でもほうれい線ができ始めている人が多くなっています。なぜ頬がたるむプロセスは、真皮の衰えによって皮膚が支えきれなくなれば、皮膚の弾力やハリを失い、それがたるみとなります。また皮膚は表情筋に張り付いて支えられていますが、表情筋が衰えると支えが脆弱ですから、たるみます。

皮下脂肪が増えることで、支えられなくなってたるむこともあります。これらは加齢によって起こりやすい原因です。「下がっている」ことによって起こる「たるみ」です。しかし若い女性にほうれい線が見られるようになる原因に多いのは、乾燥です。

筋肉の衰えや生活習慣やストレスによってコラーゲンやエスラチンが減少する、もしくは肥満傾向にあることでたるむことも、もちろんあります。それに加え、乾燥によって乾燥しわが増え、大きなシワが顔に刻みこまれてしまうことが多く見られています。これは「たるみ」が原因であるほうれい線ではありません。表皮のバリや機能や水分保持が上手く働いていないと、真皮も上手く働きません。

それがシワの原因となり、ほうれい線に発展してしまいます。肌は形状を記憶してしまいます。一度作ってしまうと、それをリセットするのは難しいものです。早い段階で対策すれば、改善もそれなりに早くなりますが、時間が経つと改善にも時間が必要になります。

池袋でリフトアップのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です