小顔にするためのちょっとした工夫

小顔は女性なら憧れるものです。持って生まれた顔の形や大きさはありますが、ちょっとした工夫で今の自分の顔を小さくすることができます。例えば食事に関する工夫を見てみますと、水分と塩分の取り過ぎに気を使うことで小顔に近づける事が可能です。小顔になれない原因の一つとして顔のむくみが挙げられますが、特に寝起きの状態では顔がむくみがちになります。

顔のむくみは水分やリンパの流れが滞っている状態であり、代謝機能の低下により脂肪がたまりやすくなる傾向になります。このような事にならないよう、外食の時も含めて適度な水分補給を心がけ、味付けもなるべく薄いものを接種するよう注意することが重要になってきます。次に眠る時の姿勢にも意識を向けるのが効果的です。変な姿勢で眠るとある一定方向にバランスが傾くため、骨格のゆがみに影響が出る可能性が高いのです。

結果的に顔のむくみであったり、首痛の原因となりますので、可能な限り仰向けに眠るだけでも小顔効果に貢献します。他にも顔のマッサージを始めとする、顔の運動を隙間時間にするよう心掛ける工夫が有効です。顔の筋肉も他の部位と同様に、使わなければ衰えていきます。表情筋の引き締めを目的に、顔の筋肉を能動的に意識して動かすことによりシェイプアップ効果が期待できますので、小顔に近づけるというわけです。

またお化粧の仕方を始めとするメイク術や、イヤリングやピアスといった装飾品一つにしても顔を小さく見せる工夫ができますので、実践してみるのがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です