小顔になるために日常からできることとは

小顔は誰もが憧れをもちますが、小顔には顔面体操・リンパマッサージ・舌回し・小顔矯正など日頃からセルフケアとしてできるものもいくつかあります。顔面体操・リンパマッサージ・舌回しは一日数分からできるものが多く、数日間行うことでフェイスラインの変化やリフトアップの変化がみられるといわれています。舌回しは気づいた時にでき、舌を口の中で歯ぐきを舐めるように10回~20回程度右回り、左回りを行うものです。始めはすぐ疲れてしまい舌の付け根が痛くなることがありますが、舌回しはやればやるだけ顔面の筋肉がリフトアップされるため効果が出やすいのです。

むくみは顔を大きく見せてしまい、このむくみをリンパの流れにそって流してあげることでスッキリするのです。お風呂あがりなどにリンパの流れにそってマッサージをしてあげることでむくみの改善に繋がります。セルフケアでは中々できない小顔矯正はフェイスラインをスッキリさせる効果の他に、ゆがみを調整し、顔のバランスを整えてくれる効果があります。また、フェイスラインを隠すようなヘアスタイルにすると小顔に見える効果があります。

骨格を変えるというのは中々難しいことですが、これらのことを行うことで、顔やせ効果・むくみの改善を行うことができます。またよく噛むことは顎をよく使い、筋肉を抑えながらフェイスラインがすっきりとするといわれており、ガムを噛んだり、食事の時にはゆっくり噛みながら食事をするということも効果があるといわれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です