内圧筋を意識したマッサージでスッキリ小顔に

年々、顔に関する悩みは増え、ほうれい線にシャープとはいえないフェイスラインに悩む女性は多いものです。顔がどんどん大きくなっているように感じている人は、内圧筋を意識してマッサージするだけで、二重あごを撃退し、フェイスラインを引き上げ、すっきりとした小顔に導いてくれます。筋肉を外圧筋と内圧筋という二つにわけて考えた場合に、外圧筋は普段つかう筋肉で内圧筋は体幹やインナーマッスルよりもさらに奥にある筋肉です。この内圧筋は意識することではじめて動作する筋肉で、この筋肉にスイッチをいれるには、口角をキュッとあげて、膣に力を入れることでオン状態になります。

このオン状態でマッサージを行えば、自分の指が美顔器の役割をしてくれ、まるで整形でもしたかのように小顔になったり、目元をぱっちりとさせたりできるようになるのです。この内圧筋はほとんどの人が眠っている状態なので、前述の方法で呼び起こしていきます。小顔になるためには、まずはフェイスラインのぼやけをなんとかすることが必要ですので、人差し指の側面を使って、オン状態を保ったまま、顎下と口の横などのもたついたお肉をすくうように真上に引き上げていきます。よぶんなお肉を人差し指全体でけずりとるようなイメージで、スッと滑らせる程度の指圧で押し上げていくのです。

さらに、目元にたまったお肉までもらさずに引き上げて、指を離さないように注意しながら頭蓋骨の頂点に向かって流します。最後はお肉を糸で頭蓋骨に留めるイメージで指を止めるだけです。1日1回行うだけでよく、やればやるほど、顔が整い小顔が定着してくる効果が期待できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です