美容整形でダイエットする方法

自力でダイエットしてもすぐに失敗してしまう人は、美容整形の脂肪吸引を受けるという方法があります。太ってしまう原因は、脂肪を形成している脂肪細胞が膨らんで大きくなってしまうか、脂肪細胞の数自体が増えてしまうかのどちらかです。脂肪細胞の数は子どもの頃にほとんど決まり、大人になってからは数は変化しません。ということは、大人が太ってしまう原因は脂肪細胞が膨らんで大きくなってしまうことが主原因と言えます。

脂肪細胞が大きくなってしまうのは、食べ過ぎて脂肪が供給されて膨らんでしまうからです。美容整形の脂肪吸引は、この脂肪細胞の数そのものを減らすという発想に基づいたものです。数が減ってしまえば、少々膨らんでもすぐに太りません。ついた脂肪を除去するときに、脂肪細胞も外に出すので、数を減らすことができます。

痩身治療としては画期的な考え方です。ただし、脂肪吸引はできる場所が決まっています。脂肪が少ない部位には用いることができません。美容整形の脂肪吸引で最も難しいと言われているのが、ふくらはぎです。

ここは脂肪の発達が原因で太くなるのではなく、筋肉が発達して太く見えてしまっていることが多いからです。この場合には、脂肪吸引よりもボトックス注射のほうが効果を感じらえるケースが多いです。脂肪吸引が有効なのは、二の腕、太もも、お腹まわり、お尻、などの脂肪がつきやすい部位です。美容外科ごとにやり方が異なるので、安全なところで受けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です