意外に多いほくろ除去の美容整形とは

美容整形というと、二重まぶたにする手術や脂肪吸引、鼻などの手術が一般的に感じますが、意外にも顔のほくろを美容整形で消したいと考える人は多いようです。涙ぼくろや口元のほくろなどは色っぽいですが、目立つ大きなほくろや顔いっぱいのほくろをコンプレックスに感じてほくろ除去の美容整形を行う人は少なくありません。ほくろ除去の手術には、様々な種類があります。一般的なレーザー手術から医療用のパンチを使用したくりぬき法、凍結法や切開縫合法など多くの種類があります。

手術にかかる費用はクリニックによって異なりますが、皮膚科や形成外科で保険適用が可能な場合には一個のほくろを除去するのに1000~1万ほどで、初診料や術後の診察料などがかかってくるとさらに価格が上がります。悪性であれば保険がききますが、ほとんどの場合両性の場合が多いので皮膚科であっても実費でかかることが多いようです。美容外科でほくろ除去の手術を受けた場合には、大きいものだと3~4万ほどかかることもありますが、小さいほくろであればレーザーで簡単に除去して2000円ほどで済むこともあります。ただ、ほくろ除去には失敗するリスクも多いことを覚えておきましょう。

難しい手術ではないですが、やはり手術を行う医師の技術力によって左右されることが考えられます。綺麗に消すことができればよいですが、自分が思っていた仕上がりと違うと感じることも考えられますので、手術を行う前にしっかりとリスクや仕上がりについて医師から説明をしてくれるクリニックを選ぶようにするのが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です